新しい1年がまた始まりました。日本では新年に初めて見る夢のことを初夢と言い、この夢の内容で1年の吉凶を占う風習があります。この初夢に今回はスポットを当ててみました。

初夢は1月1日の夜に見る夢だけではなく、1月2日の夜に見る夢も初夢とされています。初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに、「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」というものがあります。この3つの組み合わせは、江戸時代初期には既にあったと言われておりまして、その起源については色々な説があります。また、「四扇(おうぎ)、五多波姑(たばこ)、六座頭(ざとう)」と続くこともあります。

この6つに当てはまるものを見た方はいらっしゃいますか? ちなみに私は全く持って覚えていませんが、間違いなく上の6つに当てはまるものは見ていません。

それでは今年最初のSeek-ten Timesをよろしくお願いします!!

 

◆MicrosoftよりWindows Vista発売開始!!
◆SeeknetオススメWebsite -e-夢USA- 
◆Seeknet白書 -小島のエピソード- 
◆データ共有を簡単に行なうために...
◆編集後記
◆LAラーメン情報

 

−Windows Vistaラインアップ−

マイクロソフトより約5年ぶりとなるWindows XPの後継、Windows Vistaが発売されました。

法人向けは昨年11月30日に既にボリュームライセンスとして提供が開始されていましたが、1月30日以降は個人ユーザー向けにパッケージ版として販売が開始されました。日本国内の一部都市では行列が出来るなど賑わったようですが、それ以外ではまずまずの反響であったと言われています。また、アンケートの結果によりますと、Windows Vistaを単体として購入しようかと考えている人は一部であり、当面は様子を見る、PCの買い替え時期まで待つという人が多数を占めているのが現状のようです。

さて、ここでWindows Vistaの多数あるバージョンを確認してみましょう。

Home Basic (ホームベーシック)
Home Premium (ホームプレミアム)
Business (ビジネス)
Enterprise (エンタープライズ)
Ultimate (アルティメット)
Starter (スターター)

Enterpriseバージョンは企業向け販売のみとなっており、パッケージによる店頭販売はありません。また、Starterは発展途上国向けの製品となっています。XP時はHome、Professionalの2つのみだったのに対し、今回は実に6種類もの商品が出てきています(実際パッケージとして購入できるのは4種類)。こうも多数ありますと、どの製品を買うべきなのか迷ってしまいます。そこで、ユーザーの使用用途によりどの製品の購入が好ましいのか見てみましょう。

Home Basic: メールやWebなどの簡単なPC利用を前提として製品です。Vistaの最大の特徴と言われている半透明ウィンドウなどのインターフェースは利用することが出来ません。少しでも安く手に入れたいというユーザーにお勧めです。

Home Premium: Vistaの基本的な機能を備えた製品です。ほとんどのメーカー製PCは、この製品をプリインストールして出荷されることになっています。一般的な家庭ユーザーにお勧めです。

Business: ネットワーク機能が充実した製品です。マルチメディア系のアプリが含まれていませんが、バックアップ機能など安全性に配慮されて作られています。ビジネスユーザーやお堅い人にお勧めです。

Ultimate: Vistaの全機能を体験でき、Virtual PC Expressというものを使えば、複数のOSを同時に動かすことも可能です。また、ハードドライブの暗号化など安全性も十分に作られています。Vistaの機能をもれなく楽しみたい、予算に余裕のあるユーザーにお勧めです。

なお、現在お使いのPCよりVistaへのアップグレードを検討している方は、Windows Vista Upgrade Advisorを使用し、アップグレードか可能かどうかの確認をすることをお勧めいたします。

−e-夢USA!! Dream On!!−

今月紹介させていただくウェブサイトは、Daimon International社が運営するe-夢USAです。

ネイルや健康食品などをメインに、日本在住の方々を対象に販売しています。トップページにはカテゴリーがずらずらっと並んでいて、欲しい商品に直ぐにたどり着けるシステムになっています。

今後はペット用品などを充実させると共に、他の分野の商品も多数扱っていくようです。またアメリカ在住の方々用に近々英語版のサイトを公開する予定であるとのことでした。英語版のサイトは全く違った内容のものを扱うようです。

日々商品が増えているe-夢USAのサイト、是非一度ご覧になってください。

URL: www.e-yumeusa.com

−奮闘中の営業マン、営業としての心得は!?−

営業担当の小島です。早いものでseeknetUSAのコンサルタント営業を始めてから3ヶ月が経ちました。

コンピューターに関する知識やビジネススキルをより高めることを目的として入社したのがきっかけですが、この3ヶ月間で多少なりともスキルは高まってきていると実感しています。

自分の立てた計画を基にして行動するという社風により、自立をするという意識が高まりました。自由に計画を立てれる反面、物事がうまくいったときは達成感がありますが、それに伴う責任も自分に圧し掛かってくるため、自己管理は必然となります。今後も自分のスタイルを保ちつつも業務に取り組んでいきます。

−オフィスに1台、NAS (Network Attached Storage)−

PCが複数台あり、1台のPCを親機と見立て、その中でファイルの共有やプリンターの共有などをするネットワークの構築をしている企業様も多いのではないでしょうか。

このネットワークですとそのPCの電源が入っていないとファイルが見れなかったり、プリンターが使えなかったりと問題があります。また、その問題を防ぐために常に電源を点けていますと、サーバー機ではないため、PCへの負荷で起動しなくなるという問題も出てきます。一度壊れてしまいますと、データを取り出すことが非常に困難な状態となり、苦労した経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

この問題を解決するため、比較的安価で手配できるのがNAS(Network Attached Storage)と言われるものです。これはハードドライブを詰め合わせたボックスで、ネットワークケーブルをそのまま接続できる形になっています。つまり、今まで親機として存在していたPCの代わりになります。NASは電源を点けた状態が続いても大丈夫なように、ファンなどの設定がされている上、ハードドライブが何枚も入っていますので、仮にデータが壊れたとしても他のハードドライブから簡単に取り出すことが可能です。

ファイル共有やプリンター共有で今まで問題を抱えており、ファイルサーバーを導入するにはコストがかかり過ぎる、そのような方たちに最適です。コンピューター1台購入するのとほぼ同等の金額で手配出来ます。ご興味がある方は是非お問い合わせください。

−スノーボードとX Games−

私は大のスノーボード好き。可能な限り週末はスノーボードに費やしています。

先日X GamesというESPNが開催しているスポーツ競技大会を観ていました。私が知っていたプロボーダー達は既に引退し、新しいプロボーダーが多数出てきており、技の種類も以前に比べて多いのに驚愕しました。中でも縦に2回転回る人がいるのですが、あれは一体どうやったら回れるのでしょうか。。。まさにサーカスの域でしたね。。。スノーボードは好きですが、トライしてみようとは思えないです。

スノーボードの競技以外にスキーはもちろん、スノーモービルなどもあり、スノーモービルでジャンプして縦に1回転する人も。。。あんな重いものに座ったまま1回転なんて末恐ろしい人たちがいるのですね。

私はただただ怪我なく楽しめればいいと実感しました。

−ラーメン好きだが通ではないMr. Wが紹介するアメリカで立ち寄りたいラーメン屋情報−

「こんな場所にこんなラーメンが!」

風風亭(Foo-Foo Tei)
なんちゃってとんこつラーメン
麺の太さ: やや太い
麺の固さ: 柔らかめ
脂: 普通

先日某社長とHacienda Htsという中国系の方が多くすんでいる場所に市場調査に行ったとき偶然見つけたお店。 なんと約20種類ほどのラーメンがあり店内は中国系、アメリカ人でにぎわっていた。 この店で一番人気だというなんちゃってとんこつラーメンを食してみた。 写真でもお解かりのように見た目はとんこつラーメンであるが実は鳥ベースでたぶん白味噌、豆乳とバターで色をつけている感じがする。(店主に聞いたのだが教えてくれなかったです。。。) スープはまろやかな味でコーンスープが少し脂ぎっているような感じだがまったくもたれることがない。 こがしにんにくも非常にスープと調和している。 ただ麺とスープがあまりからまないのが難点。 まったく今まで食したことがない味であり一度皆さんも試して頂きたい。  A社のK社長も食し非常にお気に入りだった。 今度はスタンダードな醤油ラーメンを食してみたいと思う。 期待大である。

値段:$7.50
評価:☆☆☆☆
15018 Clark Ave. Hacienda Hts, CA 91745

 
このメールマガジンは、お客様からいただいた名刺を元に配信しております。
メールマガジンのご意見、ご感想はこちらまでお送りください。
メルマガ編集長 塩野
www.seeknetusa.com