Happy Halloween!!

ハロウィン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行なわれる伝統行事であり、諸聖人の日の旧称、"All Hallows"のイブ(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになりました。

そもそもの始まりは、ケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものとされています。ケルト人の1年の終わりが10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていました。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もあるようです。墓地全体が大きなランタンのように明々と輝くようです。これに因み、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てる"ジャック・オー・ランタン" (お化けかぼちゃ)を作るようになったと言われています。英国とアイルランドでは、今なおカブを使っていますが、アメリカでは刻みやすいカボチャを使いはじめました(移民早期にはカブがなかったため、代用品としてカボチャを使ったという説もあります)。

また、ハロウィンの夜に仮装をするのは、家のまわりを徘徊し人間にとりつこうとする悪霊達が、その姿を見て驚いて逃げるようにするためであったと言われています。皆様はどのような仮装をするのでしょうか? それでは今月もSeek-ten Timesをよろしくお願いします!!

 

◆コンピューターのダウンタイムを減らす5ヶ条とは!?
◆Seeknet白書 −池田のエピソード− 
◆社員紹介 −藤本 隆嗣− 
◆特定ソフトでの小技集
◆編集後記
◆LAラーメン情報

 

−ほとんどの企業で対応可能な5点。何個当てはまりますか?−

いまやビジネスにコンピューターは欠かせないものとなっています。たった1日のダウンタイムでも膨大な影響を与えかねません。ダウンタイムを減らすための5つの方法。皆様は何個当てはまりますか?

1点目は、「デスクトップPCを36ヶ月で取り替える」。この時期を超えますと、PCに前触れもなく不具合が生じ、使用できなくなる可能性が高まると言われています。ハードドライブの寿命は一般的に3年と言われています。ハードドライブはデータを格納する大事な倉庫です。故障すると最悪データが取り出せないという問題も生じるため、注意が必要です。

2点目は「ウィルス対策、スパイウェア対策ソフトをインストールし、定期的に最新の情報にアップデートする」。ウィルス、スパイウェアはコンピューターに様々な問題を引き起こします。コンピューターが遅くなる、勝手にメールを送信してしまう、重要なファイルが壊れ立ち上がらなくなるなど、感染しますと実に厄介です。常に最新の情報にアップデートするように心がけが必要です。

3点目は電圧の変化や停電などによる影響を軽減するため、「全ての機器にサージプロテクターを使用する」。突然起きた停電により、コンピューターが立ち上がらなくなった、そのような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった問題を引き起こさないためにもサージプロテクターを使い、突然起こる障害を防げるようにすることが必要です。

4点目は「PCの空冷ファンを定期的に掃除し、常に正しく機能するようにしておく」。コンピューターは熱を持ちます。ファンに埃が溜まっていますと、熱を外に出すことが出来なくなり、電源を供給するパワーサプライに障害が発生することがあります。時には熱を持ちすぎてコンピューターのメイン基盤が焼きついてしまうこともあります。

5点目は「ソフトウェアの整理整頓」。コンピューターが駄目になった際、ソフトウェアのリカバリーに時間がかかる原因の1つとして、オリジナルのソフトウェアCDやライセンスを探し出せないということがあります。管理する場所を決め、有事の際に見つからないということがないようにしましょう。

ほとんどの企業様にとって、比較的容易に対応できるものです。この5点を心がけ、コンピューターのダウンタイムを少なくするようにしましょう。

−開発部署の知られざる秘密−

デザイン部門のお手伝いをさせて頂いている池田です。

SeeknetU.S.Aに入社してはや3ヶ月、忙しいながらも楽しく働かせて頂いています。

当初は引っ越しなどもあり周りの変化も激しかったために余裕がなかったものの、 少しずつではありますがまわりに溶け込めるようになり、少しだけ気持ちの余裕が出てきました。 そしてふと耳をすませて見ると面白い音がまわりから聞こえてきます。

「ん〜!!!」と隣から聞こえてきたのがY嬢のうなり声...
それに呼応するようにS嬢の「んが〜!」と言う声...
さらにその音の間に聞こえてくるタンタンとリズムよく聞こえてくるW氏のタイプ音...
そしてS氏、Y氏の画面に向かって何かつぶやいている声...

その時は皆さん、大変なんだなぁ...と思い、また仕事に戻りましたが 今となってはふと気づくと私も画面に向かって声を出すようになってしまいました。

みなさん、もしそんな光景を見ても温かく見守ってあげてください。 そうやって私達は仕事をしているのですから。

−真面目で頑張りやのシステムエンジニア−

今月はSystem Engineerとして入社した、藤本 隆嗣を紹介します。
1月9日生まれ

詳しい自己紹介はこちらから

私から見た藤本 隆嗣
とにかく真面目でこつこつと与えられた仕事をこなしてくれる藤本。日々技術、知識の向上を目指し奮闘中。普段は静かだが、案外共通の趣味があったりということも多々ある。私と同じコロラド在住経験があるため、先日はNFLデンバー・ブロンコスの話で大いに盛り上がった。秘めたる闘志で今後のseeknetUSAを盛り上げていって欲しい。

−エクセルやメッセンジャーでの改行−

エクセルやインスタントメッセンジャーで改行が出来ず、苦労していらっしゃいませんか? メールやワープロソフトと違い、Enterキーを押しただけでは改行することが出来ません。小さいことですが、今回はこの方法をご紹介いたします。

先ず、エクセルですが、通常Enterキーを押すと下のセルに移動しています。セル中で改行するためにはAltキーとEnterキーを押す必要があります。また、エクセルではカーソルを移動するだけでもセルを指定することが出来ますが、既に入力されているセルを修正する場合、カーソルを移動させただけですと入力済みのセルを上書きしてしまいます。このような場合は、修正したいセルの上でF2キーを押しますと、セルの中で編集作業が可能となります。

インスタントメッセンジャー使用中に、改行したかったのにも関わらず、Enterキーを押して思わず相手にメッセージを送信してしまった。という経験も多いのではないでしょうか。使っているメッセンジャーにもより、多少の違いはありますが、ShiftキーとEnterキーで改行することが可能となります。ShiftキーとEnterキーでも改行できない場合は、CtrlキーとEnterキーを使うことにより、改行が可能となります。

今回の小技集、少しは役に立ちましたか...?

−Prideラスベガス大会−

総合格闘技の頂点に君臨するPrideが満を持してアメリカに上陸しました。初興行となった今回の大会はラスベガスで開催され、私はスタッフとして前日の金曜日より現地入りをしました。前日は計量や記者会見などがシーザーズパレスで行なわれ、大会に向け、ついにカウントダウンが始まったという感じでした。

当日は朝から会場に入り、日本から来たスタッフの方々の手伝いをし、これから始まる試合に胸が躍ります。そんな裏での仕事の中、レニー・ハートさん(選手入場コールを行なう人)の姿が... 彼女の独特の巻き舌は圧巻でして、彼女のコールとPrideのテーマ曲の組み合わせはまさに鳥肌ものなのです。そんなレニーさんが目の前に。「私の名前を選手入場風に呼んでください!!」と言いたかったのですが、仕事なので諦めました。

次回は2月にまた行なわれるようです。場所は同じラスベガスのトーマス&マックセンター。次回はスタッフとして行くのか、客の1人として行くのかは分かりませんが、参加すること間違いなしです。興奮と感動、そして鳥肌が立つような緊張感、是非足を運んで体験してみてください。

−ラーメン好きだが通ではないMr. Wが紹介するアメリカで立ち寄りたいラーメン屋情報−

「たまにはいいかも!新感覚台湾ラーメン」

孫家園(Peter’s Place)
Beef Tendan Noodle Soup/台湾ラーメン(Beef Base Soup)
麺、太さ:太い
固さ:柔らかめ
脂やや多め

日系ラーメン紹介も5年もやらせて頂いているとほとんど行ってしまったのかなと思いつつ、O社のKさんからご紹介を受け今回はTAIWANラーメンにチャレンジしてきました。Beefのすじ肉がとろとろに煮込んであり麺とのからみが最高。ただ麺が少し柔らかすぎる感じがして歯ごたえに不満を覚える。スープは見た目よりあっさりしておりBeefの味がしっかりとしている。同じ味に飽きたらHOTソースを入れ違う味にして食すると2度味わうことができる。この店のお客さんは中国系の方が多くそのほとんどがNoodle系を頼んでいるため本場の味に近いレストランなのかもしれない。(いろいろな種類のラーメンがあります) 日本人でもおいしいと思える味ではあるがやはり私としては日本のラーメンが1番だなと感じました。。。

評価:☆☆☆
23816 Crenshaw Blvd. Torrance, CA 90505

 
このメールマガジンは、お客様からいただいた名刺を元に配信しております。
メールマガジンのご意見、ご感想はこちらまでお送りください。
メルマガ編集長 塩野
www.seeknetusa.com